【悪徳競馬予想サイトの特徴】情報料が高額

サイト内情報 〜 2018年10月18日更新! 〜

掲載サイト数:1360件

口コミ掲載数:11100件

【悪徳競馬予想サイトの特徴】情報料が高額

【悪徳競馬予想サイトの特徴】情報料が高額

予想サイトの有料コースが高額である場合は色々と注意が必要です。

基本的に最初は高額な有料コースには手を出さないほうが賢明でしょう。

例えば仮に、その情報を10万円で購入したとします。

もしそれを外した場合、そのサイトで負け分を回収しようとすると、また10万、さらに10万と泥沼に陥る可能性もあるでしょう。

また、サイトによっては10万円から5万円、3万円、1万円、と値下げをして利用者の心理をつき、上手くお金を絞り取っていく手法を仕掛けてくることもあります。

いずれにしろ、初回の利用額が少額であればあるほどリスクが軽減できるのは間違いないでしょう。

予想が外れた場合の補填・返金対応の有無なども登録前に確認することが必要です。

サイト運営側の視点から考えた場合、どれくらいの課金者を集めれば利益が出るかという利益分岐点は必ず計算していることです。

その分岐点に到達するには、いくらの設定であれば何人の課金者が必要かということも計算すれば分かること。

一人あたりの設定金額を高額にすれば、集める人数を減らすことができるというのは容易に計算できますね。

高額設定の場合はその数が数十人で充分であり、利益分岐点に達成してしまえばサイトを閉鎖してしまうという話も少なからずあります。

運営側としても、数百人を相手にするより数十人で済むほうが手間や時間、労力的なところが圧倒的に違います。

他にも、情報の仕入れに多額の金銭がかかった為、利用者に転嫁せざるを得なくなり、仕方なく高額になってしまうケースもあります。

そういった場合は、根拠なく高額になっている情報とは性質が違うので、悪質・悪徳とは言えないでしょう。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています。

競馬マル得情報 「 月間の人気記事 」

最新記事

カテゴリ

タグ